東急建設/建設現場IoTプラットフォームの実証実験開始/生産性向上など検証

 東急建設は、建設現場の生産性向上と働き方改革の推進に向け、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)の活用を加速している。取り組みの一環として現場で働く技術者や技能者の位置情報、機材の稼働状況といったデータをAIで解析し、業務の効率化や施工管理の省力化につなげるシステムを現場に試験導入した。どのように活用すれば業務改革の支援ツールとして効果を発揮するのか検証するという。
 都内の建築現場に導入したのは、NTTドコモが提供する「建設現場IoTプラットフォーム」(ベータ版)。このシステムは建設現場ごとに、ビーコン(電波発信機)などで作業員・職員の位置情報を、スマートフォンやバイタルバンドで作業員・職員の心拍数・歩数・活動量情報を、専用装置で機材の稼働状況・位置情報をそれぞれ取得。集約・分析した情報を可視化して所長や職員は、現場の状況変化や対応が必要な事項をタブレット端末などで一括して把握するという。
 東急建設では作業員・職員や資機材など、人とモノのデータにAIの分析技術を組み合わせ、効率化や品質管理の省力化が見込まれるとともに、労働時間の削減など現場の働き方改革をサポートするシステムと判断。都内の建築現場に導入し、どのようなポイントで利点があるのかを検証していく。
 同社は今後、先進的なICT(情報通信技術)やAI、ロボティクスなどを組み合わせることで、施工管理の高度化を進め、さらなる生産性向上を目指す。

(日刊建設工業新聞様より引用)