東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ

 東日本高速道路会社がインドの有料道路=写真=運営事業に本格参入する。三菱商事、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)とコンソーシアムを組成。有料道路7路線を保有・運営する現地企業の株式20%を取得し、事業参画することで基本合意した。それぞれの道路・インフラ分野の技術とノウハウを持ち寄り、運営事業の業務改善や付加価値向上などに取り組む。
 年明けにも事業参画に関する手続きや詳細調整を進める。コンソーシアムには日本高速道路インターナショナルも参加する予定。事業参画で合意済みの6路線の総延長は約400キロ。

(日刊建設工業新聞様より引用)