栃木産干瓢、17年は1割減産か 日照不足が影響

 17年度の栃木県産干瓢の生産が終了した。今年は生産最盛期である8月の日照不足が影響し、昨年より1割近く減産となったところが多い。品質も昨年より芳しくないとの声もある。業界は流通量の約9割を中国産で賄っているが、近年は国産の引き合いが強く価...
(日本食糧新聞様より引用)