炊き出しきっかけに熊本移住 神戸の団体企画が縁 – 神戸新聞


神戸新聞

炊き出しきっかけに熊本移住 神戸の団体企画が縁
神戸新聞
熊本地震被災地の避難所で神戸の団体による炊き出しを手伝った男性が、ボランティア活動を続けるため、熊本市に移り住んだ。岡山県倉敷市でフリーターをしていた大島健二郎さん(31)。地震前までボランティア活動をしたことはなかったが、復興を支える役割に心を動かされた ...

(熊本 - Google News様より引用)