熊本大生協の旅行業務、営業停止処分へ – 読売新聞


熊本大生協の旅行業務、営業停止処分へ
読売新聞
熊本県は17日、旅行業法で定められた旅行業務取扱管理者を常駐させずに旅行契約を結んでいたとして、熊本大生活協同組合に対する聴聞を開いた。 生協側は事実関係を認めた。県は生協の旅行業務に関して77日間の営業停止処分にする方針。 同法は、旅行契約を行う際 ...
専任者なしに旅行業務取り扱い、熊本大生協が不正認める 熊本県が聴聞、77日間の営業停止へ西日本新聞
熊大生協、管理者置かず旅行契約 県が処分検討熊本日日新聞

all 5 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)