熊本市職員2000人が不眠経験…「心の病」の恐れ1割超 – 読売新聞


熊本市職員2000人が不眠経験…「心の病」の恐れ1割超
読売新聞
うつ状態やPTSDなどに陥るリスクが高いとして、産業医の面談が必要と判定された職員は1割を超えていた。50歳代の職員に目立つといい、面談した産業医は、職責の重さや深夜勤務などが心身の大きな負担になっていると分析する。 熊本市はリスクの高い職員に、休みの ...

and more »
(熊本 - Google News様より引用)