独自手順で罹災証明 熊本派遣経験生かし訓練 – 河北新報


独自手順で罹災証明 熊本派遣経験生かし訓練
河北新報
横手市は4日、熊本地震の被災地支援で現地に派遣した職員が独自に作成した罹災(りさい)証明発行業務マニュアルを基に、市内大雄地区で防災訓練を行う。 マニュアルはA4判、14ページ。住宅の被害認定を速やかに行うために作成した。同地区の空き家を使い、傾斜度や ...

(熊本 - Google News様より引用)