現行耐震基準「妥当」 国交省委 熊本地震の被害分析 – 西日本新聞


毎日新聞

現行耐震基準「妥当」 国交省委 熊本地震の被害分析
西日本新聞
熊本地震での建物被害の原因を分析している国土交通省の有識者委員会は、2000年に強化した現行の建築基準法の耐震基準について「おおむね妥当」と評価する方針を固めた。震度7が連続して被害が最も激しかった熊本県益城町で、同年以降に建築された住宅が7棟倒壊 ...
新耐震基準で犠牲1軒 倒壊家屋を静岡大調査毎日新聞

all 2 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)