留学生受け入れ企業募集締め切り迫る

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下日管協、東京都千代田区)が行う『留学生インターンシップ』を受け入れる企業の募集締め切りが31日に迫っている。

不動産業界のためのインターンシップ制度で、今年で8回目。参加企業は7月中旬から8月末の間の2~4週間、日本で就職を希望する留学生を受け入れる。
日常会話以上の日本語能力がある大学2、3年生や専門学校生が中心で、書類の翻訳や物件調査、写真撮影、外国人来店者への接客などを体験してもらう。

担当するイチイ(東京都新宿区)荻野政男社長は「これまでのプログラムで、インターン生がそのまま就職して活躍している企業も少しずつ増えてきた。
グローバル化を図りたい不動産会社にはぜひ積極的に受け入れてもらいたい」と話した。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)