竹中工務店/超高性能コンクリで国内初のFc300実現/195ミリ極細柱開発

 竹中工務店は2日、自社開発の超高性能コンクリート(APC)が国内初の設計基準強度(Fc)300N(ニュートン)までの生産技術証明を、日本建築総合試験所から取得したと発表した。APCを使った直径195ミリのコンクリート極細柱「ペンカラム」を開発し、同社と野村不動産の共同事業として分譲中の集合住宅「ザ・マスターズガーデン横濱上大岡」(横浜市港南区)に初適用した。
 鉄筋コンクリート造建物の開口部(ひさしやバルコニーなど)を鉄骨の細い柱で支えるためには、コンクリートと鉄骨という異なる素材を接合する対策に加え、耐火被覆を鉄骨に施す必要があり、デザイン上の制約が生じる。
 同社は、軽やかな印象を与える建物デザインを実現するため、世界最高クラスの強度と流動性、高耐火性、高靱性、耐久性を兼ね備えるAPCの開発に着手。コンクリートを緻密にして圧縮強度を高めるため、セメント(シリカ粉末を含む結合材)と、これらの粒子を分散する化学混和剤を新たに開発し、セメントに対する水の割合を極限(10%未満)まで抑え、粗骨材や細骨材も厳選。その上で高温加熱養生を行い、Fc300のコンクリートによる極細柱を実現し、ザ・マスターズガーデン横濱上大岡のエントランスのひさしの柱に適用した。鉄筋からコンクリート表面までのかぶり厚さを軽減できる生産技術は日本建築総合試験所を通じて国土交通省の特別評価方法認定を取得した。
 今後はペンカラムを、マンションの高層階の見晴らし確保、大スパン化、柱の増設による安全性の確保などの目的に、使用していきたい考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)