竹中工務店/高所作業車管理アプリを開発/簡単操作で予約完了、稼働状況も一目で

 竹中工務店は工事現場内で使用する高所作業車をリアルタイムで予約・管理する「高車予約」アプリを開発した。ホワイトボードや紙の帳簿などで行っている予約・管理作業がモバイル端末の操作で簡単にできる。予約や稼働の状況が一覧で確認可能になり、調整にかかる手間を減らすことができる。稼働率の低い作業車を把握して使用台数を減らせば、コストの削減にもつながる。
 高所作業車は元請がレンタル会社から一括で借り、現場で日々の作業内容に応じて専門工事業者へ個別に貸し出している。専門工事業者の予約を受けて元請が鍵を貸すという流れで、元請は配車管理、専門工事業者には予約が面倒だった。
 竹中工務店が施工した大学新築工事の現場では、休憩所に設置したホワイトボードで高所作業車を予約・管理していた。各専門工事業者が作業場所と休憩所を往復して予約・確認する作業に、1日で最大25分かかっていたという。
 開発したアプリでは、米アップルの近距離無線通信技術「iBeacon」を利用。発信機を現場内と高所作業車に設置することで、モバイル端末で高所作業車の利用や予約の状況が確認できる。
 使用したい時間帯の作業車の利用状況が「空」と表示されている場合、「空」をタッチすれば予約が完了し、情報が瞬時に反映される。使用したい作業車が予約されている場合も、予約している会社名が表示されるため、専門工事業者同士が直接交渉することも可能だ。地図で作業車の位置が確認できるため、より近い場所にある作業車を予約すれば、移動の手間が減らせる。
 大規模現場では使用する作業車の数も多く、配車などの担当職員を置くケースもあるという。アプリの導入によって車両の管理効率が上がると同時に、現場内の作業効率も高めることができる。アプリは4現場に導入済み。簡単な操作で予約できる点や全作業車を一覧で確認できる点が好評という。

(日刊建設工業新聞様より引用)