胃心伝真=MR精度向上

 多くの食品メーカーが今期の前提為替レートを1ドル=115円前後と円安方向で設定し、保守的な予算計画を組んでいる。だが足元では110円付近のボックス圏で、4~6月四半期業績は計画上振れが続出しそう▼為替が業績見通しのかく乱要因となって久しい...
(日本食糧新聞様より引用)