菓子、需要期入り 脱デフレ優等生、新局面か

 菓子業界が需要期に入った。天候不順が続くが、気温が東日本を中心に例年を下回り、気温が高いと需要が落ち込む菓子にとって悪くはない商戦入りとなった。一方、景気は回復基調にあるものの実質賃金が低迷を続けており、小売業では「値下げ」が進む中、付加...
(日本食糧新聞様より引用)