賃貸マンションのリフォームに参入

大京グループは2017年3月期からスタートする中期経営計画で、賃貸マンションのリフォーム事業に参入することを明らかにした。

個人向け住宅に加え、法人が所有する社宅や賃貸マンション、商業ビルの1棟リフォームを手掛けていく。
16年6月期65億円だったリフォーム事業の売り上げを21年3月期には140億円に拡大する計画。
開発や仲介、プロパティマネジメントの営業ルートから新規開拓を図る。
すでに、築37年のファミリータイプの社宅など、今期は7棟を受注しており、工事を進めている。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)