近赤外線栄養成分測定研究会が最新研究結果 粉砕レベル同一が測定誤差最小に

 近赤外線栄養成分測定研究会(会長=数野千恵子実践女子大学教授)は2日、東京都内の実践女子大学渋谷キャンパスで講演会を開催し、近赤外線栄養成分測定装置の課題の一つとなっていた粉砕について「カロリーアンサーによる粉砕度に関する研究」(坂本修ジ...
(日本食糧新聞様より引用)