錢高組/超高水圧シールド工事にCIM導入/切羽水圧変化を可視化、安全施工実現

 錢高組は28日、札幌市南区で施工中のシールド工事にCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を導入したと発表した。山岳部の破砕帯を掘り進めるため、最大約1・5メガパスカルの高水圧がシールドマシン前面に作用する難しい施工が予想されたことから、切羽の水圧変化を重点管理項目に設定。水圧変化をはじめ、マシンの位置や土質・土かぶりなど掘削地盤の情報と掘進管理データを統合・可視化し、安全性の向上と高精度な施工管理を実現した。
 現場は、札幌市水道局発注の「白川第3送水管新設工事(山岳部)」(工期14年8月11日~19年3月25日)。札幌市の給水量の約8割を担う白川浄水場と基幹配水池を連絡する送水ルートの二重化、耐震管敷設による耐震性向上、管内貯留水の災害時応急給水への活用など、災害に強い送水システムの構築が目的となる。
 錢高組・日栄建設JVが施工を担当するこの工事では、山岳部約4・3キロを泥水式シールド工法で掘削し、径1800ミリの送水管を敷設する。土かぶりは最大約150メートル、溶存メタンガスが80vol%を超える区間もあり、大深度、高水圧への対応が必要となる。
 このため、CIMを導入し、シールドマシンやセグメントなどの位置情報、メタンの溶存土質を含む掘削地盤情報を可視化。切羽水圧、その変化量を3次元データに取り込むことでメタンが溶存する地下水の坑内流出を事前に把握し、事前に対策を取った。
 掘進管理システムから得られる掘進リングごとの各種データをCIMの属性情報とすることで施工状況も可視化し、施工精度と安全性の向上につなげたという。各種属性情報の可視化は、セグメント1リングごとに数値を色分けして表示することで施工状況が一目で分かるようにした。

(日刊建設工業新聞様より引用)