長崎市/交流拠点施設整備・運営事業プロポ公告/4月13日に説明会

 長崎市は、PFIで行う「(仮称)長崎市交流拠点施設整備・運営事業」の事業者選定公募型プロポーザルの募集要項を公表した。11日まで説明会の参加申し込みを受け付け13日に説明会を開催、6月16日まで参加表明書を受け付ける。同23日に資格審査結果を通知し8月18日まで事業提案書を受け付け、11月に優先交渉権者を決定・公表し、18年6月に契約を締結する。
 応募グループの参加要件は構成員または協力会社に市内に主たる事務所がある者を含んでいること。設計業務担当と工事監理業務担当は1級建築士事務所、建設業務担当は市の入札発注基準の総合数値が建築一式工事1000点以上、電気工事800点以上、管工事820点以上。いずれも各担当業務について07年度以降に1000人程度以上のホール・集会場などを含む施設の元請完了実績があることなど。
 運営・MICE(国際的なイベント)誘致業務担当は同規模の類似施設の運営を指定管理者として行った実績、MICEの企画運営実績があること。
 事業場所は尾上町の敷地2万4160平方メートル。MICE事業はBTO(建設・移管・運営)方式、独立採算の民間収益事業は市と定期借地権設定契約を結んで行う。民間収益施設の借地料は提案による。
 対象施設のうちMICE施設は▽コンベンションホール3000平方メートル程度▽イベント・展示ホール4000平方メートル程度▽会議室20室、2500平方メートル程度▽駐車場300台-で構成。民間収益施設は提案によるがホテルは必須とし国内外の複数都市でチェーン展開する高級ホテルで国際会議などの誘致受け入れに寄与できるブランドとサービスレベルを備えていること。
 MICE事業は21年11月に供用し、41年10月末まで維持管理・運営を行う。民間収益事業の事業期間は50年間としMICE施設の供用までに民間収益施設も開業すること。市が支払うサービス購入料の予定価格は147億円(税込み)。

(日刊建設工業新聞様より引用)