阪神の被災地から熊本へ…兵庫の高校生夏休みに続々現地に「震災の教訓つなぐ」 – 産経ニュース


産経ニュース

阪神の被災地から熊本へ…兵庫の高校生夏休みに続々現地に「震災の教訓つなぐ」
産経ニュース
今年4月に発生した熊本地震の被災地へ、阪神大震災で被災した兵庫県の高校生らが夏休みを利用し、続々とボランティアに入る予定だ。県のボランティア拠点「ひょうごボランタリープラザ」(神戸市中央区)が始めた若者対象の助成制度も後押しとなった。県の防災関係者は「 ...

(熊本 - Google News様より引用)