青木あすなろ建設ら6社/ZEB評価ツールを共同開発/対象省エネ技術数を拡大

 青木あすなろ建設ら6社は1月31日、省エネルギー効果を設計段階で評価する設計支援ソフト「ZEB評価ツール」を共同開発したと発表した。ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)の導入に当たって、建物全体の導入効果という視点から省エネ性能を評価する。空調を中心とする評価対象技術数も従来の評価方法から拡大した。設計コンペで省エネ試算に使うなど、各社で活用が始まっている。
 共同開発したのは青木あすなろ建設、五洋建設、錢高組、東亜建設工業、西松建設、三井住友建設の6社。
 従来の設計段階での省エネ評価は、国土交通省の「エネルギー消費性能計算プログラム」で個別の技術の省エネ効果を算出し実施していた。これに対しZEB評価ツールは、複数の省エネ技術を導入した場合に建物全体でどの程度ZEBを達成できるか、確認できる。導入する技術を入力して省エネ性能を試算し結果を出力した「ZEBチャート」では、ZEBの達成度合いを視覚的に確認できるため、顧客に対して効果的な提案も可能になる。
 「エネルギー消費性能計算プログラム」は、評価対象に含まれていない空調技術も省エネ評価できるようになり、ZEBにおける空調の先進的技術とされる「ダブルスキン」「自然換気」「地中熱利用」なども評価対象となる。

(日刊建設工業新聞様より引用)