青森県/駒込ダム建設(青森市)/第3四半期に本体工事発注

 青森県は、堤川水系の駒込川上流に建設する駒込ダム(青森市駒込)の本体工事を第3四半期に一般競争入札で発注する。洪水調節や発電用などに利用するダムで、19年度に転流工を開始し、31年度の事業完了を目指す。18年度当初予算には工事費など9億円を計上。19~31年度の債務負担行為で330億72百万円を設定している。
 駒込ダムは、堤川水系の抜本的な治水対策として堤川上流の下湯ダム(1988年完成、総貯水量1260万立方メートル)や横内川の多目的遊水地(03年完成、貯水容量220万立方メートル)とともに計画し、82年の事業採択後、02年度に現地着工した。
 計画によると、洪水時のダム地点の流量(毎秒570立方メートル)のうち340立方メートルを調節し、100年に1度程度の発生が予想される洪水に対して安全を確保する。用水などの安定取水や発電用などにも有効利用する。
 形式は重力式コンクリートダム。堤高は84・5メートル、堤頂長は290・1メートル、堤体積が31万7000立方メートルの規模。総貯水容量は780万立方メートル、有効貯水量は590万立方メートル、湛水面積は38ヘクタールを想定。工期は156カ月の13年間を見込んでいる。概算設計額は330億円。

(様より引用)