首都高速会社/晴海線開通前の記念イベント開く/5000人が本線歩行

 首都高速道路会社は18日、3月10日に全線開通予定の高速10号晴海線(東京都中央区~江東区)で、開通前の記念イベントを開いた。約5000人が参加し、晴海運河上に掛けられた高架橋を歩きながら臨海部の景色を楽しんだ=写真。
 今回開通する晴海線は中央区晴海2丁目の晴海出入り口から江東区豊洲6丁目の豊洲出入り口までの延長約1.2キロ(片側1車線)。2009年2月には豊洲~東雲ジャンクション間(延長約1.5キロ)が開通済み。
 記念イベントの一環で、晴海出入り口付近の特設会場では、首都高速道路の日常の維持管理業務で使用されている車両や工事車両の展示のほか、ボルト締めや測量などの工事体験も行われた。

(日刊建設工業新聞様より引用)