鹿島ら/自動配筋検査システム開発/ステレオカメラで撮影、鉄筋径など瞬時に把握

 鹿島は2月28日、NEC、オリンパスと共同で、コンクリート構造物向けの自動配筋検査システムを開発したと発表した。立体写真撮影用のステレオカメラとタブレット端末を連動させる。配筋した検査対象をステレオカメラで撮影するだけで、鉄筋の径、間隔、本数を自動で計測でき、タブレット端末に結果が表示される。検査前の準備作業が不要となり、配筋検査を大幅に省力化できる。
 自動配筋検査システムは、ステレオカメラで検査対象を撮影すると、3次元(3D)データがタブレット内に自動生成される。生成された3Dデータから配筋された鉄筋のみを検出。タブレット画面で検査範囲を指定し、画像処理を行うと縦横の鉄筋の間隔や本数などの表が作成される。
 写真を撮るだけで配筋状態を把握できるため、鉄筋径の区別や鉄筋の間隔を示すための事前作業が不要となる。準備・計測・検査に要する人数と時間を従来の3分の1に省力化できる。計測結果を電子データとして残すことで、検査書類にも転用が可能となる。目視だけでは気付きにくいミスやヒューマンエラーを排除できる。
 このシステムを使って土木現場で実績を蓄積するとともに、人工知能(AI)技術の活用による画像処理技術の高度化や検査報告書の自動作成機能の開発、装置の小型・軽量化など、システムのブラッシュアップを進める。発注者による立ち会い検査への活用や発注者と施工者双方が検査結果の画像を遠隔で共有する取り組みも視野に入れる。
 コンクリート構造物の配筋検査は、施工上重要だが、事前の準備から検査後の報告書作成までに多くの時間がかかる。特に、鉄筋径を区別するマーキングや鉄筋の間隔を示すスケールスタッフの設置など、検査前の準備に手間が掛かり、省力化が課題となっていた。

(日刊建設工業新聞様より引用)