鹿島/名古屋市中心部でオフィスビル開発/延べ1・7万平米、19年9月竣工めざす

 鹿島は、名古屋市中心部でオフィスビルの開発に乗りだす。ビジネスエリア・伏見のメインストリートである錦通に、CFT造13階建て延べ1万6891m2のビルを建設する。1階は店舗、2~13階を事務所スペースとして貸し出す。既に着工しており、19年9月の竣工を目指す。
 「(仮称)鹿島伏見ビル」の建設地は名古屋市中区錦2の1411の1ほか。基準階の事務所部分は有効面積858m2、天井高約2.8m、奥行き約15m。形が整った無柱空間で、ゆとりあるフレキシブルなレイアウトを可能にする。最小賃貸床面積は約115.5m2。
 外装部にはLow-Eペアガラスを採用。遮熱性のある特殊な金属膜をコーティングした複層ガラスで、ガラスカーテンウオールの遮熱性能を高めて空調容量の削減を図る。
 オフィス専有部の換気には全熱交換器を採用するとともに、二酸化炭素(CO2)濃度により換気量を制御する省エネ技術を導入。快適なワークプレイスを提供する。

(日刊建設工業新聞様より引用)