鹿島/小中学生対象に現場見学会、夏休み期間中に全国で開催/HPで申込受付

 鹿島は7月下旬~8月下旬、全国の建設現場で夏休み中の小中学生を対象に見学会を開く。「鹿島サマースクール2018~本物の建設現場を見に行こう~」と題し、普段は入れない建設現場を実際に見てもらうことで、建設業への興味を高めてもらうのが狙い。
 見学会は北海道から九州までの土木・建築22現場で実施する予定。ビルの建築工事やシールドトンネル工事などさまざまな現場で開催し、参加人数は500人ほどを見込んでいる。
 見学会は、工事事務所で建設業や建設現場の解説が行われた後、現場に移動して工事の様子を見学するプログラムで、2時間ほどを予定している。
 申し込みは、同社ホームページ(https://www.kajima.co.jp/csr/observe/summer2018)から受け付けている。

(日刊建設工業新聞様より引用)