1級建築施工管理技術検定/11月に臨時試験、建築士試験日と重なり特例措置/国交省

 国土交通省は18年度の1級建築施工管理技術検定で臨時の実地試験を行う。1級建築士の製図試験と日にち(10月14日)が重なったため、両試験の受験者を対象に特例措置を講じる。臨時試験の実施日は11月11日。試験会場や合格発表日など詳細は、国交省と指定試験機関の建設業振興基金(振興基金)のホームページで公表する。製図試験には特例措置はなく、予定通り実施される。
 対象者は17、18年度の1級建築施工管理技術検定学科試験と、16~18年度の1級建築士学科試験の両方に合格し、18年度に実地試験と製図試験の両方を受験する者。ただ1級建築施工管理技術検定試験の申し込み期間中(2月2~16日)に受験の手続きを済ませていることが前提となる。臨時試験の対象となる可能性のある受験者には、振興基金から案内状を送付する。臨時試験の問題は10月14日に実施する試験とは異なる。
 1級建築士の受験申し込み期間はインターネット9~16日、郵送16日~5月1日となっている。

(日刊建設工業新聞様より引用)