16年秋の叙勲受章者発表/旭日中綬章に元橋建協会長・川田忠樹氏

 政府は16年秋の叙勲の受章者(3日付発令)を発表した。大綬章と重光章の受章者には8日に皇居で親授式と伝達式があり、中綬章以下の受章者には各省が伝達式を行う。国土交通省の伝達式は10日午前11時から東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で。=2面に建設・不動産関係の受章者一覧
 元国土交通相の前田武志氏(79)に旭日大綬章、元国土交通副大臣の北川一成氏(73)に旭日重光章、元国土交通審議官の板倉英則氏(70)に瑞宝重光章が贈られる。
 元日本橋梁建設協会会長の川田忠樹氏(元川田工業社長、81)が旭日中綬章を受章。旭日小綬章には日本建設インテリア事業協同組合連合会会長の安藤公裕氏(兼藤社長、73)、元千葉県建設業協会会長の鈴木雅博氏(太陽物産代表取締役、76)ら、旭日双光章には全国防水工事業協会常任理事の井上良夫氏(元井上瀝青工業社長、70)、元日本塗装工業会副会長の木村光徳氏(木村工業代表取締役、70)らが選ばれた。
 建設業関係11団体主催の叙勲祝賀会は10日午後6時30分からグランドプリンスホテル新高輪で開かれる。

(日刊建設工業新聞様より引用)