iPS細胞:マウスに移植した腎臓組織の成長成功 熊本大 – 毎日新聞


毎日新聞

iPS細胞:マウスに移植した腎臓組織の成長成功 熊本
毎日新聞
ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った腎臓組織をマウスに移植し、血管とつなげて成長させることに熊本大学の研究グループが世界で初めて成功した。再生医療への応用が期待される。同大の西中村隆一(りゅういち)教授(腎臓発生学)らが20日、米腎臓学会雑誌( ...
マウス移植で血管つながる=ヒトiPSから腎臓組織-将来は臨床応用・熊本大など時事通信
熊本大学、科学技術振興機構(JST)J-Net21

all 9 news articles »
(熊本 - Google News様より引用)