JR東日本/新幹線大規模改修で適用材料・工法を募集/コスト低減・効率化など推進

 JR東日本は老朽化が進む東北新幹線(東京・盛岡間)と上越新幹線(大宮・新潟間)で計画している大規模改修で、構造物の改修工事に適用する材料・工法の募集手続きを開始する。対象はコンクリート橋の表面改修工と高欄取り換え、トンネルの覆工改修工。募集期間は8月1日~18年3月30日。性能を評価した上で適用候補を選定し、提案者らとの共同研究などで改良・開発を進める。
 両新幹線では2031年度から10年をかけて橋梁やトンネルなどの構造物を対象に大規模改修を進める。総工費は1兆0406億円を想定。国土交通相の承認を受け、16年度から毎年度240億円の新幹線鉄道大規模改修引当金を積み立てている。
 JR東日本は工事計画の具体化を進めるとともに、技術開発などによって施工の効率化やコストダウンをさらに進める必要があると判断。改修工事に適用する材料・工法を広く募り、31年度の着工に向けて技術の改良・高度化に取り組むことにした。
 対象技術の目標レベルは50年程度の構造物の延命化を図ることができる材料・工法。今回の募集ではコンクリート橋の表面改修工(床版上・下面、梁部、張り出し部、高欄部)と高欄の取り換え、トンネルの覆工改修工(シートなどによる補強)が対象となる。
 高欄部の表面改修工とトンネルの覆工改修工では、長期耐久性の項目で▽施工実績15年程度(場所・時期、対象構造物など施工情報の明示)▽複合サイクル試験で試験体に負荷を与えた後に各種物性試験を実施・報告-のいずれかを満たすことを条件に設定。高欄の取り換えでは▽施工実績(同)▽耐久性に関する評価試験結果の報告-を条件に挙げている。
 問い合わせ先は同社JR東日本研究開発センターフロンティアサービス研究所新幹線大規模改修・高速化グループ(電話048・651・2552)。

(日刊建設工業新聞様より引用)