JR東日本/Jヴィレッジに常磐線新駅設置へ/福島県らと基本協定締結

 JR東日本は、サッカー練習施設などが集積する「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の隣接地に常磐線の新駅を設置する。県と双葉地方町村会らと28日に新駅設置の基本協定を締結した。総事業費は約15億円を見込む。新駅のほか、交通広場の整備事業を18年度に行う。関係者間の施行協定を経て設計・工事に着手し、19年4月のJヴィレッジの全面開業に合わせて供用開始を目指す。
 Jヴィレッジは東京電力福島第1原子力発電所の事故対応で、収束活動や廃炉に向けた作業の前線基地となった。現在は県主導で再生事業が進められ、7月に一部施設が先行オープンする。
 新駅は広野駅と木戸駅の間(木戸駅から東京方向に約1・9キロ地点)に整備する計画。2面2線の乗降場、バリアフリー設備としてエレベーター(11人乗り)も設ける。ホームは特急も停車可能な10両分の長さがあり、車いすでもスロープとエレベーターで円滑に乗降できる。
 Jヴィレッジの入り口までは徒歩約2分。周辺でのイベント開催時に使用する臨時駅として開業する。

(日刊建設工業新聞様より引用)