JR東海/リニアシールド初弾・第一首都圏トンネル新設北品川工区/熊谷組JVに

 JR東海が進めるリニア中央新幹線(東京・品川~名古屋間)の建設プロジェクトで、「中央新幹線第一首都圏トンネル新設(北品川工区)」の設計と施工を担当する事業者が熊谷組・大豊建設・徳倉建設JV、「中央新幹線第一中京圏トンネル新設(大森工区)」の施工者が熊谷組・青協建設JVに決まった。公募競争見積もり方式で選定手続きを進め、2件とも13日に契約した。北品川工区は本線部のシールド区間で初弾工事となる。
 本線部のトンネルは、第一首都圏(延長約36・9キロ)が最長、第一中京圏(約34・2キロ)が2番目の長さとなる。両トンネルとも40メートルを超える大深度地下区間を含んでおり、大深度地下使用特別措置法に基づく使用認可を先月、石井啓一国土交通相に申請している。
 北品川工区の工事場所は東京都港区港南~川崎市中原区等々力間の約9・2キロ。北品川非常口が発進立坑となり、品川駅方面と等々力非常口方面(途中の東雪谷非常口は通過)の2方向に掘削する。
 最大土かぶりは約90メートル。トンネル外径は約14メートル。シールド機の使用台数などは今後の設計作業で詰めるという。工期は2026年3月15日まで。
 大森工区の工事場所は岐阜県可児市大森。第一中京圏トンネルの東端に当たる約4・9キロの本線トンネルのほか、非常口(斜坑)などの建設工事を行う。掘削断面積は約100平方メートル。追加予定工事を含めた工期は26年6月30日まで。
 第一中京圏トンネルでは大森工区のほか、西尾工区(本線部延長約4・7キロ)を発注済み。シールド区間の坂下西工区(約10・1キロ)については現在、発注手続きを進めている。

(日刊建設工業新聞様より引用)