JR東海/リニア新幹線、東雪谷非常口新設(東京都大田区)など2件/熊谷組JVらに

 ◇ガイドウェイ側壁製作工(山梨地区)は清水建設に
 JR東海はリニア中央新幹線(東京・品川~名古屋間)建設プロジェクトのうち、「中央新幹線東雪谷非常口新設」の施工者を熊谷組・大豊建設JVに、「中央新幹線自立式ガイドウェイ側壁製作保管(山梨地区)」の施工者を清水建設にそれぞれ決めた。両案件とも公募競争見積もり方式で選定手続きを進め、18日に契約した。契約金額は非公表。
 東雪谷非常口の工事場所は東京都大田区東雪谷。東急池上線洗足池駅の西側で都道東京丸子横浜線(中原街道)に近接する。住宅街に位置し、工事ヤードの南側が池上線に接するなど、厳しい作業環境下で高度な施工技術が求められる。本線トンネルの非常口(立坑)を新設する工事で、工期は22年12月15日まで。
 新幹線軌道部(ガイドウェイ)の側壁などのPC(プレストレストコンクリート)製作保管工事の場所は山梨県笛吹市境川町藤垈。側壁製作に必要な設備整備と製作後の側壁の保管管理・ヤード整備も行う。工期は20年3月19日まで(追加予定工事を含む)。
 ガイドウェイは車両を支持、案内、推進、制動する機能を持つ。地上コイル(浮上、推進コイル)、ガイドウェイ側壁、車両が車輪走行する際の走行路などで構成される。

(日刊建設工業新聞様より引用)