JR東海/リニア新幹線・瀬戸トンネル新設(岐阜県中津川市)競争見積もり手続き公告

 JR東海は23日、リニア中央新幹線の建設プロジェクトとして「中央新幹線瀬戸トンネル新設」の施工者を決める公募競争見積もり方式の手続きを開始した。参加申請書を5月11日まで、中央新幹線推進本部中央新幹線建設部名古屋建設部契約係(電話052・564・0025)で受け付ける。見積書の提出日時は7月6日午後1時30分。
 契約手続きでは、施工方法などの技術提案や見積もり価格を総合的に評価し、最高評価の企業を選定した後、価格協議などを経て施工者を決定する。競争参加説明書の交付時に、公正な契約手続きの確保に関する誓約書の提出などを求める。
 参加資格は単体か2~5者構成のJV。土木一式工事業の総合評定値が単体は1800点以上、JV代表者は1400点以上、JV構成員は1200点以上が条件。単体とJV代表者はNATMによるトンネル掘削工事(内空断面積50平方メートル以上かつ延長1000メートル以上)、JV構成員は同工事(内空断面積50平方メートル以上)を2002年度以降に完成させた施工実績が必要。
 工事場所は岐阜県中津川市瀬戸。延長約4・4キロの本線トンネルのほか、非常口(斜坑)などの建設工事を行う。施工区域は主に濃飛流紋岩と苗木花こう岩の地山での掘削作業となる。追加予定工事を含めた工期は26年6月30日まで。

(日刊建設工業新聞様より引用)