NTTコムウェア/道路不具合を市販ビデオカメラで検出/AI活用システム開発

 情報通信システムやソフトウエア開発のNTTコムウェア(東京都港区、海野忍社長)は11月30日、人工知能(AI)の技術を活用して市販ビデオカメラで道路の不具合を検出するシステムを開発したと発表した。画像認識にディープラーニング技術を活用。記録映像から路面にできたポットホールやひび割れの有無を確認できるようにした。
 一般車と市販のビデオカメラによる記録映像で不具合の検出が可能になるため、道路管理業務の負担軽減につながり、予算や技術者が不足する地方自治体での活用が見込まれる。
 ディープラーニングは、機械学習手法の一つ。人間の脳を模倣したソフトウエアに既知のデータを学習させると、未知のデータに対する判断が可能になる。監視カメラ画像からの人物自動検出機能などに活用されている。
 開発した道路不具合検出システムでは、技術者が目視確認したデータを使い、不具合のある状態をディープラーニングに事前学習させる。車両による巡回中に撮影した映像をディープラーニングに入力すると、自動で不具合箇所を検出する。約8割の精度で不具合を検知するという。
 GPS(衛星利用測位システム)機器を併用すると、道路の不具合を位置情報に関連付けて検出し、不具合箇所の静止画や動画を電子地図上に可視化できる。さらに自治体の道路台帳システムと連携させることで、不具合情報と補修履歴などの台帳情報を画面上で合わせて確認でき、補修計画の立案など道路維持管理業務の効率化につながることも期待される。
 今後は綜合警備保障と連携して一部自治体を対象にした実証実験を行い、可視化機能のユーザー評価などを行いながら、17年度のサービス提供開始を目指す。道路管理での運用で不具合検出性能の向上を図り、将来的にはトンネルや橋梁の維持管理での適用も目指す考えだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)