NTTドコモ/建設現場IoTプラットフォーム開発/働き方改革支援、3月から提供

 NTTドコモは、ゼネコン向けに建設現場の状況をリアルタイムで共有するシステム「建設現場IoT(モノのインターネット)プラットフォーム」を開発した。ベータ版を3月1日から提供する。作業員・職員や資機材など、人とモノのデータに人工知能(AI)の分析技術を組み合わせ、段取りの効率化や品質管理の省力化を実現。労働時間の削減など、現場の働き方改革をサポートする。
 建設現場ごとに、ビーコンなどで作業員・職員の位置情報を、スマートフォンやバイタルバンドで作業員・職員の心拍数・歩数・活動量情報を、専用装置で機材の稼働状況・位置情報をそれぞれ取得し、建設現場IoTプラットフォームで集約・分析した情報を可視化する。
 現場を管理する所長や職員は、現場の状況変化や対応が必要な事項をタブレット端末などで一括して把握でき、優先度が高い事項から対処していく。職員と職長・職人間の円滑なコミュニケーションを支える機能も搭載する。
 昨年、ゼネコンが施工する建設現場2カ所で実証実験を行った結果、書類作成や現場巡視、段取り・打ち合わせの改善により、職員1人当たり1日最大2時間程度の労働時間削減余地があることが判明した。体調不良や高負荷作業による疲労・精神的な不調の予兆も検知できるなど、システムの有効性を確認している。
 建設現場の生産性向上策i-Constructionのほか、国土交通省や業界団体、建設業振興基金が技能者の待遇改善を主眼に準備を進めている建設キャリアアップシステムとも連携していく予定だ。

(日刊建設工業新聞様より引用)