NTTファシリ/AI活用のアクティブ制振技術開発/長周期地震動の揺れ半減

 NTTファシリティーズは超高層建物の長周期地震動対策として、振動制御にAI(人工知能)を活用する新たなアクティブ制振技術を開発した。強化学習と深層学習(ディープラーニング)を組み合わせた「深層強化学習」の機能によって最適な振動制御を学習したAIが、地震の揺れに応じて建物内部のダンパーを電動アクチュエーターで自律的に制御する。従来のパッシブ制振に比べ建物の揺れが50%以上低減できるという。第1号の採用案件は関西エリアのビルを予定している。
 新たなアクティブ制振技術は、NTTデータ(東京都江東区、岩本敏男社長)とNTTデータ数理システム(東京都新宿区、箱守聰社長)が協力し、コンピューター内の建物地震応答シミュレーターを使ってAIに制振効果の高い制御を自動的に学習させる。制御を学習したAIは建物に設置されるセンサーの計測データを使い、地震時にダンパーの減衰力を自律的に制御し、建物に生じる揺れを抑える。パッシブ制振と同じ制振性能を半数程度のダンパーで実現し、工事量の削減と工事期間の短縮を通じて工事コストを最大30%削減する。
 20階建ての建物を想定した大型模型試験体で長周期地震動を再現し、性能検証した結果、建物の揺れがパッシブ制振と比べ半減できることを確認した。10月に電動アクチュエーターを使った動作確認試験を実施し、年内に完成させる。18年1月からの提供を目指す。

(日刊建設工業新聞様より引用)