熊本県人口1万人超減 被災者転出が影響 – 読売新聞


熊本県人口1万人超減 被災者転出が影響
読売新聞
県統計調査課によると、減少率が最も高いのは、大規模な土砂崩れが起きるなどした南阿蘇村(推計人口1万1077人)の3・7%、次いで震度7を2度観測した 益城 ( ましき ) 町(同3万2500人)の3・31%。県内人口の4割を占める熊本市(同73万9606人)は0・16%だった。
熊本県人口1万人減 震災で転出増西日本新聞
県人口1万1632人減 熊本地震で転出増熊本日日新聞

all 3 news articles »
(Google Inc.様より引用)