江戸幕府の水俣城取り壊し 「当初は強権的でなかった」 九州文化財研の部長講演 [熊本県] – 西日本新聞


西日本新聞

江戸幕府の水俣城取り壊し 「当初は強権的でなかった」 九州文化財研の部長講演 [熊本県]
西日本新聞
県文化財保護協会などが主催する郷土の文化財に関する研修会が水俣市で開かれ、九州文化財研究所(熊本市)の花岡興史研究部長(56)が「江戸幕府の城郭政策と水俣城」と題して講演した。近世日本政治史が専門の花岡部長は、水俣城の取り壊しを巡る歴史を踏まえ「江戸幕府成立前後の政治体制を理 ...

(Google Inc.様より引用)