赤ちゃん足形ガラス細工に 熊本市の丹さん考案 「色あせない」と人気 ステンドグラスの技術を活用 [熊本県] – 西日本新聞


西日本新聞

赤ちゃん足形ガラス細工に 熊本市の丹さん考案 「色あせない」と人気 ステンドグラスの技術を活用 [熊本県]
西日本新聞
赤ちゃんの足形を細かな足紋(そくもん)までガラス板に写し込む記念品「ガラスの足跡(あしあと)」を熊本市東区のステンドグラス工芸講師の丹(たん)美保子さん(66)が考案した。何年たっても劣化せずにそのまま残せるため、「子や孫の成長の記録に」と口コミで人気が広がり、県外からも注文が寄せられている ...

(Google Inc.様より引用)