在来稲復活へ連携 国産しめ縄作りも 熊本の米農家が「ごはん組」 – 日本農業新聞


東洋経済オンライン

在来稲復活へ連携 国産しめ縄作りも 熊本の米農家が「ごはん組」
日本農業新聞
在来稲復活へ連携 国産しめ縄作りも 熊本の米農家が「ごはん組」 熊本県の20、30代の若手米農家26人が「熊本ごはん組」を結成し、独自の視点で米や稲わらの消費拡大に動きだしている。熊本地震で被災した危機感を共有し、つながった。柔軟なアイデアを出し合い、約200年途絶えていた在来種の復活や、し ...
熊本の温泉街でイタリア料理店が繁盛のワケニフティニュース

all 2 news articles »
(Google Inc.様より引用)