「みなし」と在宅、被災者交流 熊本学園大で6日、新たな支援策提案 /熊本 – 毎日新聞


「みなし」と在宅、被災者交流 熊本学園大で6日、新たな支援策提案 /熊本
毎日新聞
... 市町村はなく「そもそも10世帯以上という条件は厳しすぎるし、実態に見合っていない」と学園大の高林秀明教授。 そこで、みなしや在宅被災者が数人でも自主的に集まる場を設ければ、民間資金で援助する仕組みを作ることを提案したいという。実績を積み上げ、公的な支援メニューにつなげることを目指す。 6日の ...

(Google Inc.様より引用)