熊本市が防災計画改定 想定避難者11万人、受援計画など盛る [熊本県] – 西日本新聞


熊本市が防災計画改定 想定避難者11万人、受援計画など盛る [熊本県]
西日本新聞
熊本市は31日、市防災会議(会長・大西一史市長)を開き、熊本地震を受けて見直しを進めてきた市地域防災計画の改定案を承認した。最大避難者数の想定を、これまでの約5万8千人から2倍近くの11万人に見直し、食料や水の備蓄計画に反映。外部からの支援を円滑に ...

(Google Inc.様より引用)