みなし仮設に対応苦慮 住民票は益城、生活は熊本 区割り変更も混乱に拍車 – 西日本新聞


みなし仮設に対応苦慮 住民票は益城、生活は熊本 区割り変更も混乱に拍車
西日本新聞
熊本地震で被災し、民間アパートなどの「みなし仮設住宅」で暮らす有権者への投票呼び掛けに、衆院選の立候補予定者や選挙管理委員会が苦慮している。被害が大きかった熊本県益城町などでは、住民票を町に残したまま選挙区が異なる熊本市で暮らす人が多い。区割りの ...

(Google Inc.様より引用)