「水俣病を分かって」熊本で胎児性患者が訴え – 産経ニュース


「水俣病を分かって」熊本で胎児性患者が訴え
産経ニュース
胎児性水俣病患者の加賀田清子さん(62)=熊本県水俣市=がこのほど、患者がたどったこれまでの人生や現状の暮らしぶりを知ってほしいと、熊本市内で講演した。「最近も、病気がうつるからそばに寄らない方がいいと言われた。悔しい。水俣病のことを分かってほしい」と言葉を振り絞った。 講演会は、熊本市で開か ...

(Google Inc.様より引用)