助かった命、失わないために-進化する避難所 – 産経ニュース


助かった命、失わないために-進化する避難所
産経ニュース
阪神大震災のときと同じだと思った」。平成28年4月の熊本地震で避難所となった熊本県益城町(ましきまち)の体育館を訪れた「神戸協同病院」(神戸市長田区)院長、上田耕蔵(66)は言葉を失った。被災者でごった返す様が23年前の光景と重なった。避難生活でのストレスや疾病などで亡くなる「震災関連死」の発 ...

(Google Inc.様より引用)