土砂災害の危険、新たに6221カ所判明 県がホームページで公開 [熊本県] – 西日本新聞


西日本新聞

土砂災害の危険、新たに6221カ所判明 県がホームページで公開 [熊本県]
西日本新聞
熊本地震をきっかけに、県が精度の高い地図などを使って実施した調査で、がけ崩れや土石流、地滑りの危険性が高い「土砂災害警戒区域」(イエローゾーン)に該当する可能性のある場所が県内45市町村で新たに計6221カ所あることが判明した。梅雨入りし、近く九州豪雨から1年を迎えるのを前に、早期避難などを促 ...

(Google Inc.様より引用)