「食べられるお箸」開発 熊本県 – 毎日新聞


毎日新聞

「食べられるお箸」開発 熊本県
毎日新聞
畳の需要が減り、ピーク時に1万戸以上あった熊本県内のイグサ農家は約550戸に減少した。畳の復権を図るため、「イグサ箸を食べたら畳も印象に残る」と考え、インパクトのある“食用箸”を開発した。 イグサ粉末を小麦粉などに練り込み箸形に焼いた。県内外3店で試験提供 ...

and more »
(Google Inc.様より引用)