17年味噌出荷、底打ち前年維持 格差拡大も回復の兆し

 味噌の出荷量の減退が底を打ち、業界ではV字回復への期待が高まっている。全国47組合887社が加盟する全国味噌工業協同組合連合会によると、17年の累計出荷量は40万9583tで前年並みを維持した。業界団体が進めるPR施策が奏功したことに加え...
(日本食糧新聞様より引用)