18年ビール類、3社前年超え挑む 多様性訴求試される手腕

 18年のビール類市場は、大手3社がトータルでの前年比プラスに挑む。人口減による漸減基調に加え、3月から業務用の一部商品が値上げとなる今年。昨年の改正酒税法の施行に続く逆風となるが、ビールの定義が4月に変更・拡大されることに伴い、複数の新商...
(日本食糧新聞様より引用)