離れていても…パン作りで支援 千葉→熊本・南阿蘇→長崎・東彼杵 – 毎日新聞


離れていても…パン作りで支援 千葉→熊本・南阿蘇→長崎・東彼杵
毎日新聞
2人は東日本大震災の際、千葉市に居住。長男隼澄君(7)が生まれたばかりで、東京電力福島第1原発から離れた熊本市へといったん引っ越した。その後「家族の時間を大事にしたい」と高宏さんは勤務先を退職。2014年8月に熊本県南阿蘇村に再度移り、麻琴さんのパン作りの技術を生かしてカフェを開業した。 しかし ...

(Google Inc.様より引用)