2017年度神奈川安全企画

 労働災害防止に向け職場での安全意識高揚と安全活動の定着を図る2017年度全国安全週間が7月1日から7日まで実施される。今回で90回を迎える本年度のスローガンは「組織で進める安全管理 みんなで取り組む安全活動 未来へつなげよう安全文化」。神奈川県内でも、建設関連団体を中心に建設各社の店社と作業所が一体となり災害防止活動を強化する。昨年度の死亡災害発生状況を見ると、過去最少の1桁台の9人と過去最少を更新したものの、依然として墜落・転落による災害が大きなウエートを占める状況に変わりはない。神奈川労働局では、本年度も建設業における墜落・転落災害防止を重点対策に位置づけ「足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱」などによる防止措置を徹底する。県内で災害防止にまい進する建設関連団体、企業の取り組みを紹介する。

(様より引用)